--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-04

インターネットカフェ

以前、旅行中にインターネットカフェに寄ろう。と仲間に言ったら「旅に来てまでネットやるの?」と言われましたが、もうネット無しには生きられません。というのは冗談ですが、どーしても、ネットが必要な時もあろうかと思います。そんな時は、インターネットカフェですね。



でも、正確にはカフェではありません。お茶でないから。みんなただ単に「インターネット」とか「サイバー」とか言っているみたいです。



料金は大したことないのですが、問題が他にも。まずキーボードが違うのは当たり前です。だから「@」や「_(アンダーバー)」の位置が違うのです。あまり使う記号ではないのでいいのですが。



次にPCの常態が常によいわけではない。ということ。キーボードに配列以外の問題があったり、ウィルスがいたり、アップデートしてなかったり。メッセンジャーを使っていると何か勝手にメッセージが打ち込まれます。URLのリンク先はアダルトサイトだったりと。。。



そしてさらに問題が。日本語が表示できない。店に寄るのでしょうが、あまり日本人のいかないお店だと日本語フォントがインストールされてませんので、日本語サイトが読めません。当然ウェブメールでも同じです。ですから僕は何処にIDやパスワードを打ち込むとか、受信箱、送信、アドレス帳といったボタンの配置を大抵覚えていたので、最低限なんとかなりましたが。



ですから、長期滞在とか、使用時間が長くなる人は自分でダウンロードするか、日本人の良くお店でチャレンジしてください。



アーロ
nox_arlo@hotmail.com
http://gakumon.komusou.jp/

スポンサーサイト
2007-07-02

サランコットでインターネット

海外旅行に行ったら、メールのチェックなど日常から離れて、非日常を楽しむのも一つ。でも、なかなかそうはいかない人もいると思う。そういう人でも安心してサランコットに登ってください。



宿泊したゲストハウスでは、なんとインターネットができます。しかも、Skypeで電話まで。



ネパールでskypeの電話って結構一般的なんですよね、というか、よく見ます。インターネットカフェみたいなところにいくと、skypeででかい声で喋っている人を見かけます。インターネットカフェって言っても、お茶は飲めないので、ただのインターネット屋とでも言いましょうか。



インターネット屋、カトマンドゥにはそれなりに見かけますが場所によっては劣悪な時もあります。次回は、インターネット屋について。



アーロ
nox_arlo@hotmail.com
http://gakumon.komusou.jp/

2007-07-01

ネパール、ポカラ、サランコット

話はポカラに戻ります。



無事、宿泊先を確保したものの、私は衣服のないことに気づきました。というのも、レイクサイドに宿泊する気でいたので、レイクサイドなら何でも買えるだろうと思っていたため、なにも持ってきていません。いくら、ネパールといえども、サランコット(1502M)程度の山に登っても、やっぱ寒いものは寒いのです。しかたなく、宿の奥さんに毛布を余分に借りて寒さをしのぎました。



サランコットの頂上には何か、軍事施設のようなものがあります。高い塀と有刺鉄線でかこまれ、兵士が警戒しています。早朝に行った時は、門も閉まっていました。



こんな時、何も知らないと帰ってしまうところです。実際、私達がこの敷地から帰る時、ある欧米人は近よりもせず帰って行きました。でも、ガイドがいつものように「ダイ!」から始まる一言のあと何か強い調子でいっています。そしてしばらくすると中から「WELCOME!」と声がかかります。



というわけで、無事、中に入れたわけですが、残念ながら雲のせいで朝日は拝めませんでした。残念。あと、この施設というか、この施設にある鉄塔はやはり軍用のものみたいです。兵士には見慣れた景色なのでしょう。帰り際、「今日は天気が良いからまた登ってこい」と言っていましたが、その日は結局、山は顔を出しませんでした。朝日も山も見られず終いです。



アーロ
nox_arlo@hotmail.com
http://gakumon.komusou.jp/

2007-06-28

ひったくり


ちょっと話はポカラから離れまして、ひったくりのお話。



ボダの友人宅で一人で休んでいると、何か外から聞き慣れぬ声が。何を言っているのか分からないけど、ただ事ではないと感じ外を見ると、やはり家の前の道には人が集まっている。そして、他の家からも顔を出す人、家の外の電気をつける人がいる。



友人に聞くと、ひったくりがあったらしい。ここは外国人などいない住宅街。なるほど、ネパール人でもひったくりの被害に遭うのなら、外国人はなおさら気をつけねばならぬと、心を新たにしました。



でも、ある日、友人から映像が送られてきました。それは、中国で強盗の一部始終を収めたモノ。この映像の恐ろしいのは、「狙われると分かっていて用心しても、それにも増して悪意のある連中がいる」ってこと。



これに対する対処法は?何もできません。映像の中でしぶとく荷物を話さない人がいますが、これはかなり危険。命が狙われても。。。



なので一番良いのは、「持たないこと」?そして、執着を持たないこと。世の中の一切は空ですから。何か最後は説法めいてしまいました。



アーロ
nox_arlo@hotmail.com
http://gakumon.komusou.jp/

2007-06-24

サランコット行きの前に

ポカラについて、空港近くの観光名所行ったり、レイクサイドに立ち寄ったりしました。ですが、この日は、そのままタクシーでサランコットへ登りました。サランコットへ行く前にもいくつか名所を回りましたが。



サランコットへはレイクサイドから歩けますが、ここでも時間の節約です。タクシーで登っても途中までです。途中から自力で登らなければなりません。



なぜだが、入場料みたいなのを支払って山道を入ると、ホント小さな家が沢山あります。この人達はどうやって現金を得ているのだろうと思います。殆ど自給自足に近い生活をしているのではないかと思えます。



観光シーズンでないため、登ってくる人は珍しいみたいです。すっごく見つめられました、色んな人に。たまに声かけられたりしながら。「葉っぱあるよ〜」って日本語でね。



途中、バッファローが突進してきたりもしましたが、無事、宿に到着。すると「クローズ!」「休業中!」ですよ、私のガイド君の泊まろうとしていたところは。また下るのかと青ざめましたが、すぐ上の宿は営業していました。良かった。またちょっと上も営業してたみたいで、韓国フィルムが宿泊したみたいでした。



「観光シーズン=いい景色が見られる」に行くのが一番ですが、もしそれ以外の時に行くのなら、念のため宿のご確認を。




アーロ
nox_arlo@hotmail.com
http://gakumon.komusou.jp/

プロフィール

arlo

Author:arlo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。