--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-31

タイマ所持息子の社長は職務タイマん?

「朝日」ともあろうものが。

「朝日」ともあろうものが。


 また新聞が面白いことになっている。予てより産経新聞と朝日新聞は意見を闘わすことが多かったが、またもや産経側が仕掛けた。正確に云うと今回は産経新聞記者ではなくて、産経新聞上のあるコラムに大月隆寛民俗学者が気持ちいいくらい云って退けている。
 ことは、秋山耿太郎朝日新聞社長の失敬猶予中の息子、秋山竜太(35)が大麻所持で逮捕されたこと。普通ならこれだけでも大騒ぎなのに、当の朝日新聞さんはことの事実を他紙が報道するまで黙っていた。3月10日に事件は発覚。28日に産経新聞が事件を報じると、29日に朝日も同じ事件を伝え、記事の中で責任は自分、親は関係ないと云っている。これが政治家だったらどうなるのか、またはNHKの社長だったらどうなるのか想像に難しくないだろう。
 こんなことが起きても朝日はまだ謝罪するどころか「信頼される報道のために」と題して「ジャーナリスト宣言」を続けている。「一切の不法と暴力を排して腐敗と闘う」(朝日新聞綱領)勇気があれば誰がどう責任をとるかは明確だろう。それこそジャーナリストとしての資質だ。
 今回の事件を朝日は、事件の詳細を報じず最初から簡単な社長のコメントを掲載した。事実にふれることなく、いかにも事件発覚後にすぐ「親は親、子は子。いい大人なのだから自分で責任をとりなさい」的発言をしている。朝日の信じる、「言葉のチカラ」とはこの程度のモノなのだろうか。

続きを読む

スポンサーサイト
2006-03-31

タイマ所持息子の社長は職務タイマん?

「朝日」ともあろうものが。

「朝日」ともあろうものが。


 また新聞が面白いことになっている。予てより産経新聞と朝日新聞は意見を闘わすことが多かったが、またもや産経側が仕掛けた。正確に云うと今回は産経新聞記者ではなくて、産経新聞上のあるコラムに大月隆寛民俗学者が気持ちいいくらい云って退けている。
 ことは、秋山耿太郎朝日新聞社長の失敬猶予中の息子、秋山竜太(35)が大麻所持で逮捕されたこと。普通ならこれだけでも大騒ぎなのに、当の朝日新聞さんはことの事実を他紙が報道するまで黙っていた。3月10日に事件は発覚。28日に産経新聞が事件を報じると、29日に朝日も同じ事件を伝え、記事の中で責任は自分、親は関係ないと云っている。これが政治家だったらどうなるのか、またはNHKの社長だったらどうなるのか想像に難しくないだろう。
 こんなことが起きても朝日はまだ謝罪するどころか「信頼される報道のために」と題して「ジャーナリスト宣言」を続けている。「一切の不法と暴力を排して腐敗と闘う」(朝日新聞綱領)勇気があれば誰がどう責任をとるかは明確だろう。それこそジャーナリストとしての資質だ。
 今回の事件を朝日は、事件の詳細を報じず最初から簡単な社長のコメントを掲載した。事実にふれることなく、いかにも事件発覚後にすぐ「親は親、子は子。いい大人なのだから自分で責任をとりなさい」的発言をしている。朝日の信じる、「言葉のチカラ」とはこの程度のモノなのだろうか。

続きを読む

2006-03-30

生きている源八

 すべて読みやすく、読後感の良い短編小説からなる本。ここでは本のタイトルにもなっている「生きている源八」について特に述べる。
 山本周五郎作品の良いところは、人間味のあふれるところにあると思う。実際の生活でこれほどまで人間味のあふれる生活を望めないのだったら、せめて本の中で溢れんばかりの人間愛にふれてもらいたい。それができるのが山本周五郎作品だと思う。
 生きている源八の主人公、源八は特に抜きんでた侍でない。相手の侍大将の首を取ったりといった優れた活躍はしない。ただ目立つと言えば、どんな負け戦で、彼のいる部隊が全滅しようが源八だけは生き残っていると言うことだ。
 そんな源八だが、戦い方はきわめて異例で、まさに生き方を体現していると言っても良いだろう。決して逃げることなく、敵の鉄砲をおそれずに勇敢に突き進む。そんな戦い方をしているからだろうか、彼自身が率いる部隊は多くの犠牲者を出すことも少なくないという。しかしそれは戦況を考えれば当然の結果であり、しっかり役目を果たしているという点では見事といえる。
 多くの犠牲者を出しても悲しくないのかとの問いにある時、源八は言う。「さむらいとして戦場へ出る者は、はじめから討ち死には覚悟の上だ、御馬前に討ち死にすることが武士の面目であるとは言葉の綾でなく、心の叫びだ」。なるほど、武士としての本質を突いた言葉だと思う。
 今の世にこの、これこそ武士道という精神を持ってこいと云うわけではないが、本質を見失いがちのこの世の中に、「本質を問う」大事をもう一度考えさせてくれる一冊に違いないだろう

2006-03-29

人生最良パートナーになりえるか、ATOK

ATOK 2006 for Windows 就活応援セット CD-ROM

ATOK 2006 for Windows 就活応援セット CD-ROM


 お〜い!オレの英語は上達したのか!毎日やらなければ駄目だよ。沖縄の時、全然喋りもしないし練習もしないから頭も口も鈍った。頭だけじゃなくて口も確実に鈍る!それだけまだ浅いって事ね。英語は難しい、って意識は無いんだけど駄目なんだな〜。
 日本語は難しいですよ。難しいって云うか日本語は母国語だから、ろくに喋れないとそれはただの無知ってことになるね。ぜひ日本語テストでお試しあれ。ちなみにオレは62点。平均(61.25)をすれすれで上回った。
 沖縄で山本周五郎作品を読んでいて、面白い言葉や言い回しをもっと学ばなければいけないと思った。自然に身につくほど本も読んでいないし、そういう環境でも無いから、PCで文章を書くときに使えるように辞書にもどんどん手を加えないといけないと思った。帰ってきてから日本語テストをやってATOKのことを知ったわけではない。昔から存在は気になっていたが「通学路で会う有名私立校の子」みたいな感じだし、今は「彼女がいる(MS-IME)」し、あえて「声(金)」をかけなくても良いかな。という感じだった。
 だが、その性格を知れば知るほど惚れ込む。見たいな感じで、さらに胸は熱く。しかも、普段あらたまった文章を書かないので、いざ書くときはサンプルを引っ張ってきたり、良質な文章を手本にしたり大変だ。そんな時こいつが良き妻になれば良いかなと思う。さらに一度落ちた家名(社名)を日本語で再起しようとは、なんとも感慨深い。
 とは云ってもワープロソフトの一太郎は使う気になれない。なんでだろ。まだ彼のことをしらないからかな〜。Open Officeって無料のもあるしね、向こうにその気があれば使おう。でも、ATOKはamazonで学生でなくても学生限定パック買えるから声かけてあげようかな。

続きを読む

2006-03-29

人生最良パートナーになりえるか、ATOK

ATOK 2006 for Windows 就活応援セット CD-ROM

ATOK 2006 for Windows 就活応援セット CD-ROM


 お〜い!オレの英語は上達したのか!毎日やらなければ駄目だよ。沖縄の時、全然喋りもしないし練習もしないから頭も口も鈍った。頭だけじゃなくて口も確実に鈍る!それだけまだ浅いって事ね。英語は難しい、って意識は無いんだけど駄目なんだな〜。
 日本語は難しいですよ。難しいって云うか日本語は母国語だから、ろくに喋れないとそれはただの無知ってことになるね。ぜひ日本語テストでお試しあれ。ちなみにオレは62点。平均(61.25)をすれすれで上回った。
 沖縄で山本周五郎作品を読んでいて、面白い言葉や言い回しをもっと学ばなければいけないと思った。自然に身につくほど本も読んでいないし、そういう環境でも無いから、PCで文章を書くときに使えるように辞書にもどんどん手を加えないといけないと思った。帰ってきてから日本語テストをやってATOKのことを知ったわけではない。昔から存在は気になっていたが「通学路で会う有名私立校の子」みたいな感じだし、今は「彼女がいる(MS-IME)」し、あえて「声(金)」をかけなくても良いかな。という感じだった。
 だが、その性格を知れば知るほど惚れ込む。見たいな感じで、さらに胸は熱く。しかも、普段あらたまった文章を書かないので、いざ書くときはサンプルを引っ張ってきたり、良質な文章を手本にしたり大変だ。そんな時こいつが良き妻になれば良いかなと思う。さらに一度落ちた家名(社名)を日本語で再起しようとは、なんとも感慨深い。
 とは云ってもワープロソフトの一太郎は使う気になれない。なんでだろ。まだ彼のことをしらないからかな〜。Open Officeって無料のもあるしね、向こうにその気があれば使おう。でも、ATOKはamazonで学生でなくても学生限定パック買えるから声かけてあげようかな。

続きを読む

2006-03-28

沖縄はやっぱり日本国沖縄だった


 沖縄から帰ってきて、「あ〜東京はいいな〜」って思ったね。だって別に沖縄なんて滅茶苦茶リゾートなわけでも無いでしょ。そりゃーそれなりのホテルに泊まったらリゾート感味わえるのでしょうが。とくに沖縄人気質を味わうこともなかったけど、まー普通の接客だな。なんて思ったりもした。
 沖縄滞在期間は一日まるっきり暇な日があって、何が悲しくて休日の沖縄でジャスコに行ったり、スタバでコーヒー飲みながら読書しているのか。おまけに県民総所得が日本一低いくせにスタバコーヒー若干高め!油断ならぬ沖縄!
 今月は彼女がタイから帰ってきた。オレはタイの他、海外に行かず沖縄に行ってしまった。タイからの友人も来日延期?中止?した。タイ関連のブログをいつも読んでいるが、それもなんだか遠いもののようになってきた。ちょっと悲しい。特に日本での仕事を捨てタイに移住しようとしている人のブログを見るのも本当にもう他人事だ。
 沖縄にもアジアン雑貨屋があったが、悲しいかな、知らず知らず足がそちらへ向かってしまうのだよ。けど、な〜んも買わないけどね。だって高いし、センス良く無いから。けど雰囲気と匂い好きなんだよな〜。
 まっ今回は「もう国内旅行は行かない」って決意が出来たので良かった。それと国内=高いってのも噂だけじゃなくて身を持って経験した。同じ旅費でも生活費が大幅に違うし。今年はあと一度だけだ、旅行行けても。どこ行こうかな〜。タイは好きだけど、女の子の民族衣装はバリの方がかわいいよね。

2006-03-27

いつになったら泡盛は呑めるやら


 沖縄でも寂しいところだよ、砂辺ってところは。しかもドミトリーがドミトリーだからなおさらだな。飯もさーせめて台所に包丁くらいあれば、現地の果物や野菜を買ってサラダくらいとは思うのだけど、残念ながら見当たらない。おかげで豚肉をふんだんに使った沖縄料理を堪能だよ。朝食は前夜に買っておく弁当やパン。うむ、健康状態悪化。しっかし国内旅行と東南アジア旅行の決定的な差、朝食だね。前日に用意すべきか、朝になったら外に出て屋台で食うか。
 自称体育会系インストラクター曰く、ダイビングに大事なものは一に気持ち。だそうです。それを聞いた昨日の同ドミ人は、その後の2・3番目は忘れてしまったそうです。だからオレは彼なら、「一に気持ち、二に気持ち、三にも気持ち。」というんじゃないかと思うって云ったら笑ってた。
 たしかに気持ちは大事です。しかし気持ちだけで行動に起こさないのはもっといけない。10のことをするのに、1・2を踏み出さなかったらいつまでたっても10に到達しません。気持ちの整理は10に到達するまでに1・2をやりながら整理していけばよいのです。
 本当に健康な体を目指すのだったら、体に悪い行いを一切排除するか、それ以上に体に良いこと、つまり運動なり、健康だけど苦いものを食ったり飲んだり、辛い運動をしなければならないのです。こんなところにも原因と結果の法則が。
 わかっちゃいるけど辞められないのが、温泉あがりのビールですか?もしくは露天風呂でのビール・酒。ははは、もうオヤジだね。けど、沖縄来てぜんぜん泡盛飲んでないよ。。。

2006-03-26

これが沖縄とは・・・

沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)

沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)


 初めての沖縄は散々だった。今日26日が最終日。何が悲しくて沖縄に着てまでジャスコ行ったり、スタバ行ったり、PCの前でブログ書いてるかって今日の天気は雨!車もないし、あった所でこんな日は行く所もない。やっぱ一人旅、行き当たりばったりと云えどもある程度の事前調査は必要ですな。後悔しました。
 ちゃんと調査して予定があればもっとしっかり沖縄文化を知ることが出来たろうし、楽しめただろう。しかしそこまでしないと「沖縄文化」を触れる事が出来ないのか。と、思うとちょっと悲しいよね。この「沖縄文化論」で岡本太郎氏はガイドをつけているし離島にも渡っている。そこで氏の色々な考察が述べられているが、文化ちゅ-もんは日常生活からかけ離れたら文化が文化でなくなると思うね。
 基地問題で騒がれちゃいます。はっきり云って沖縄本島は基地がなければやっていけないと思う。えー日本も国内に米軍がいなければやっていけませんが。だから沖縄が基地を嫌がるんだったら独立するしかないよ。沖縄から米軍がいなくなったらどうなるか。その土地をどうやって使うんだ?何か策はあるのかね。基地と引き換えに振興策を政府から引き出そうとしている限り無理だな。
 沖縄本島に、な〜んの予備知識もなく訪れても沖縄を感じる事が出来ない。ただの田舎町に来たようなもんだもん。それがさ、竹富島のように街づくりに文化が反映されていれば全く別なんだけど。
 国際通のお土産やさんを見ても分かりますよ。売ってるものはほとんど東京でも買えるし、ネットでも買える。特に安いわけでもない。下手したらネットの方が安い。沖縄でしか買えないというのもいくつかの泡盛とティーシャツ位ですか。。。はぁ〜これが沖縄ですか・・・。

続きを読む

2006-03-26

これが沖縄とは・・・

沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)

沖縄文化論―忘れられた日本 (中公文庫)


 初めての沖縄は散々だった。今日26日が最終日。何が悲しくて沖縄に着てまでジャスコ行ったり、スタバ行ったり、PCの前でブログ書いてるかって今日の天気は雨!車もないし、あった所でこんな日は行く所もない。やっぱ一人旅、行き当たりばったりと云えどもある程度の事前調査は必要ですな。後悔しました。
 ちゃんと調査して予定があればもっとしっかり沖縄文化を知ることが出来たろうし、楽しめただろう。しかしそこまでしないと「沖縄文化」を触れる事が出来ないのか。と、思うとちょっと悲しいよね。この「沖縄文化論」で岡本太郎氏はガイドをつけているし離島にも渡っている。そこで氏の色々な考察が述べられているが、文化ちゅ-もんは日常生活からかけ離れたら文化が文化でなくなると思うね。
 基地問題で騒がれちゃいます。はっきり云って沖縄本島は基地がなければやっていけないと思う。えー日本も国内に米軍がいなければやっていけませんが。だから沖縄が基地を嫌がるんだったら独立するしかないよ。沖縄から米軍がいなくなったらどうなるか。その土地をどうやって使うんだ?何か策はあるのかね。基地と引き換えに振興策を政府から引き出そうとしている限り無理だな。
 沖縄本島に、な〜んの予備知識もなく訪れても沖縄を感じる事が出来ない。ただの田舎町に来たようなもんだもん。それがさ、竹富島のように街づくりに文化が反映されていれば全く別なんだけど。
 国際通のお土産やさんを見ても分かりますよ。売ってるものはほとんど東京でも買えるし、ネットでも買える。特に安いわけでもない。下手したらネットの方が安い。沖縄でしか買えないというのもいくつかの泡盛とティーシャツ位ですか。。。はぁ〜これが沖縄ですか・・・。

続きを読む

2006-03-25

国際通り談

沖縄・国際通り物語―「奇跡」と呼ばれた一マイル

沖縄・国際通り物語―「奇跡」と呼ばれた一マイル


 沖縄旅行も最後の夜。今日は沖縄、国際通り沿いのドミトリーにいる。今度はなかなか住み心地良いぞ。しっかり夜も楽しめそうだ。
 土産を一通り物色。沖縄の土産なんか、はっきり云ってどこでも帰る。地域の特産を生かしたものが少ない。あっても海ぶどう島唐辛子?沖縄は初めてだけど、どっかで見たことあるな〜。結局買ったのは、土産屋オリジナルの泡盛と、油みそ。
 さて、今宵はどこで過ごそうぞ。国際通りが賑わっているといっても高々2・300メートルくらいでしょ。この辺でよい店はどこだ?なんていっても飲食店は限られている。そこでドミトリーに帰ってネットで見てもパッとしない。やっぱこんな時は裏行かないと駄目だよ、裏!ここは日本だ。入ってはいけないところに行って怒られようとも、とりあえず相手の云っている事は理解できるので「何を云っているか分からない。けど、怒っているようだ」という恐怖感の心配も無い。その恐怖感が無い=緊張感が無い=つまらない旅でもあるんだけどね。
 まー探すこと2時間かな。ちょっとしたボロい小料理屋みたいなところで沖縄郷土料理を1人で食ってたら、テレビでチベットがやってたから、「あ〜やっぱチベット行きたいな〜」と思ったが、気持ちが凹む前に店を後にしてバーへ。そこはそれほど裏でもないけど、店の中は米軍の連中がデデ〜ン!と沢山いる。その他には日本人ローカル。おぉ〜これぞ沖縄なんじゃん?店主に聞いたら、16からバーテン初めてもう40年くらいやってる。沖縄はもう長いって云ってたな〜。東京での生活が嫌だから沖縄に来た。そして東京人が観光客でなく、しっかり沖縄人の集まる空間を作り出している。ふ〜ん、これぞ粋なオヤジだね〜。帰りがけに「また来なね〜」って云ってたけど、「はい、沖縄はもう来ませんから」とは云えなかった。。。

プロフィール

arlo

Author:arlo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。