--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-28

 引っ越したら外国人離れがすすんで、ますます英語をしっかり勉強せねば。と思っていたら、27日はロバート君と会った。ロバート君と言っても、27日に日本に着いたばかり。もちろん面識はありません。
 英語の試験にTOEICってのがある。このTOEICが難しくなって暫く立つ。何が難しくなったか。色々な地方の英語のリスニングしなければならない。arloもこの形式になってから受験したことあるが、感想は「?」である。つまりarlo程度じゃ分からないんだよ!英語圏の英語は、やっぱ英語。
 旅行先や、英語圏でないところの出身の人の英語は良く理解できる、特に日本人の英語w。でも、昨日のフランス出身の人の英語は分からなかった。最近、英会話学校なんぞ行ってないからちょっとショックであり、心配だったんだよね。でも、今日はロバート君と会ったことでまた自信がわいてきた。というのもカリフォルニア産の英語が良く理解できたからだ。しかも、よく外国人に聞かれる質問の「なんで英語喋れるんだ」(←日本人なめられてる気がするんだけど・・・)のあとに「アメリカかどっか住んでたの?」だって。はい留学経験ゼロ。アメリカ滞在旅行で五日間だけです、はい。
 もうじき、この外国人旅行者向け安宿街を離れるだけあって、今はかなり貪欲なんです。さー残りわずか、この調子で頑張ろう!と思っていたら不動産屋から電話が。近所に4000円アップで8平米も広い、そして収納も広い物件があるじゃないですか。さーどーしよー。悩むな〜。4000円すか。引っ越し先は5000円ダウンを考えていたから9000円の差。年間10萬8千円!

スポンサーサイト
2006-09-27

 引っ越しを考えてます。何件か不動産屋まわりました。今回、都心から離れるのは確実。下って安くするか、部屋を広くするか。
 まー基本的に広くなるのは確実なんですけど、その広さの程度がね。あと同じ広いのでも、部屋が多いほうが良いのです。それこそ間が抜けた感じで、ただ広いだけのワンルームとか1Kは嫌なの。
 ようやくめぼしいところ見つかって、今度の休みに内見行って決めようと思います。それまでに決まらなければよいが。押上で和室の3Kで6萬って驚くほど安い物件は、電話かけたその日が契約とかいわれました。誇大広告ではあるまいな。でも、この安さは絶対何かある!
 とにかくオレの内見は29日の決めた。その後、今のGAKUMON HOUSEに帰るとき、さっそく外国人が駅で途方に暮れてました。この日は雨で、女性一人で地図とにらめっこ。聞けば「きっと全然違うところにいると思うんだけど・・・」なんて言うからこっちが青くなりかけましたが、実際は近所。しかも、いつも案内する我がGAKUMON HOUSE徒歩2分のところ。
 フレンチな会話を楽しみながら、さて、引っ越しまでに何人外国人と遭遇するか。そして、仲良くなれる人物と遭遇することは出来るのか。ちょっぴり寂しい気もしないでもない。でも、ワクワク。

2006-09-26

完・ネパール旅行記

 暫く続いたブログGAKUMONのネパールシリーズ、ひとまずここでおしまい。ネパールにいたときはもっと書きたい事あったはずなんだ。けど、日本に帰ってきてしまうと日常の忙しさ?それともルーティンワークに慣れ脳が退化してしまって、書くことを忘れてしまうのだよ。いやいや、もっと系統立てて書くべきだったと反省しております。
 だけど、きっとネパールにもまた行きますよ。チベット絨毯を買いに行ったり、今回知り合った友人を訪ねに。そしたら次はもっと詳細なレポートが出来るようにしたい。オレの次の旅行の前に、もしネパールに行く人がいたらぜひ連絡して欲しい。arloの友達はもちろん、全く面識のない、たまたまこのブログを読んだだけの人も。それも何かの縁だから。世の中の起る現象に、全く意味のない事はないと思ってます。きっとそれが縁でよい出会いになればいいと思うし、楽しいネパール旅行のお手伝いが出来れば幸いです。arloのアドレスはプロフィールに記載してありますんで。
 では次回から、またテーマのない雑記が始まると思います。

2006-09-26

arlo2006-09-26

2006-09-23

ネパール・ルンビニ開発

 今更ながら日本は島国だ。外国には何度か行ったことあるが、全て飛行機。しかも、1回の旅行で二カ国以上をめぐるのも、今回のタイ・ネパールが初めて。それも当然ながら移動は飛行機。
 ルンビニに行くのに、バイラワを拠点とした。バイラワはインドとの国境が近い。リクシャーで30分もすれば、すぐ国境の町だ。今まで国境の町を経験したことがなかったので、国境観光に出かけた。朝食を食ってすぐに出かけたので、国境はごった返していた。インド人、ネパール人はそれぞれビザ無しで自由に行き来出来るといっても、やっぱ込んでいた。俺を乗せたリクシャーはオレをネパール人かインド人と思ったのか、国境を通り過ぎようとしたが・・・。んなわけないか。ともかく、不法入国だけは勘弁。
 国境近くの店でチャイ(ネパールティー:ミルクティー)を飲んでいたら誰か寄ってきた。話すと意外と真摯な方でスリランカ人。恥ずかしながらモルディブがスリランカとは知らず、スリランカでダイビング出来るのか?などと聞いてしまったが。。。まっそれよりも、彼も仏教徒で明日はルンビニに行くという。ルンビニ攻略法をちっと聞かせたところで彼は去っていった。
 され、ルンビニの開発だが、日本人が絡んでいるらしい。でも、これは明らかに失敗だな。敬虔な仏教徒のarloが言うのだから間違いない。それはなぜか。だって寺に僧侶がいないんだもん。いても何かつまらなそうにしてるし、本当に僧侶なのか疑わしいし・・・。
 本気で開発するなら、本当の僧侶をよんで、僧院、僧房なり作ればいいんだよ。平和のが虚しく灯されてました。

2006-09-23

arlo2006-09-23

2006-09-19

ネパールの接客

 六本木のハイアットでの婚礼・披露宴に列席した。ハイアット内のレストランとか見ていると、海外旅行をしたくなる。
 というのも、これらのサービスを日本でうけるには、それなりの出費を要する。でも、海外なら国内よりもかからない。だから、海外でなにしよう〜?って人は、海外の一流ホテルでお食事〜+ホテルのビーチでボケ〜っとってのもお奨めしたい。
 ネパールのとあるレストラン。ここでの芸は、別に格好良くもないし、エロくもないし、笑えない。まー文化的なことがあるので、これはarloの私的感性であるのだが。それよりも、この写真の店ですら、店員の接客は一流でした。今日のハイアットにも負けてないぞ。はい。でも、ネパールのハイアットにも泊まりません。。。きっとサービスはもっと上なのでしょうが。

2006-09-19

arlo2006-09-19

2006-09-17

ネパールがやってきた

 そろそろ引っ越しを考えようかと思っています。せっかく町には外国人がウロウロしているのに、勿体ないぁ〜とも思ってます。そんな外国人を捕まえて、実践英会話や、その人になりきって自分が旅行者体験したりと楽しみ方は色々あったのに。でも、最低2ヶ月はあるから、これからもドンドン接触していこう。
 さて、今日は「ネパールがやってきた」に行ってきた。これはこのブログの9月5日の記事にかいたやつ。が、しかし、仏教関連の展示を目当てに行った人は、正直ガッカリしただろうね。そうだよね、そんな貴重な物があるんだったら、こんなところでやらないよな。しっかり警備体制の整った美術館でやるよな。しかも、日本の美術館の主催で。だから、今回のテーマは遺跡よりも「ネパールの文化の宣伝」がメインだね。
 ネパールで買うことのできる、アクセサリーや岩塩、その他スパイスが売ってた。あとはNGOの出店と出展。NGOってのは山ほどあって、どれも必要な活動しているんだよね。でも、それに全部寄付していたら、自分が破綻します。その辺はNGOの人も分かってるんだろうけど。
 ネパールから帰ってきて約一ヶ月。久しぶりにネパール語聞いたな。どこか懐かしかった。ネパール航空がボダナートと、パシュパティナートと、あとどこかもう一つの観光地、そして自社の航空機のステッカーをそれぞれくれた。他にも観光案内のCD、こちらは無料配布のわりには良くできていて感心した。そして、一番はヒマラヤ山脈の写真もらった!これはネパールで商品になってるぞ、きっと。ラッキー。実家に貼ろう。
 はい、今日の話は内容ありません。すみません。。。

2006-09-17

arlo2006-09-17

プロフィール

arlo

Author:arlo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。